メッセージ

黒田一則

黒田一則
黒田さんは南宇和高校が全国制覇した時の主力で10番を背負い、当時の小中学生の憧れであった。
高校卒業後は、大阪商業大学へ進学し、西濃運輸、JFL時代の愛媛FCでも活躍、「愛媛のジダン」とまで呼ばれた経歴の持ち主です。

南高サッカー部へ

南宇和高校サッカー部のみなさま、インターハイ県予選お疲れ様でした。


これからは南宇和についてですが、小学校時代は城辺で小野山コーチ、岡本コーチに指導してもらいました。
4年生からサッカーを始めて背は高いほうでしたが全然うまくなかったです。

中学校も城辺で河野先生に指導してもらいました。
練習では徹底して個人技の習得に重点をおき、「止める」「蹴る」をしました。
現代サッカーを見るとドリブル、フェイントなどは上手い選手が多いですが「蹴る」という技術に関してはしっかりと指導してもらいたいと思います。

高校では南宇和で石橋先生に指導していただきました。
1年生から試合に出してもらい、2人1組の練習では3年生と組むので毎日が緊張の連続でした。
2年次の選手権で前橋商業に負け、「フィジカルの大切さ」を痛感し、めちゃくちゃ筋トレをした思い出があります。
そのおかげでプレーに自信がもてました。
その当時の練習はかなり走った記憶があります。
3年生では3対3の練習が多かった気がします。
この練習も攻守の切り替えが大切で結構疲れました。
このときのチームはチームが一つになってたと思います。



やはり試合に勝つためにはチームワークが大切だと思いました。



選手権頑張ってください。


黒田一則